Concept

LYON / lyon deux フランスをイメージしたフェミニンで可愛く優しいプリントワールドを提案します

フランス風景写真
LYON / lyon deux 特徴

LYON誕生の歴史

南フランスの主要都市であり、昔から絹織物の産地として栄えてきたプリントの聖地、リヨン。
リヨンには世界の織物芸術の歴史を語るリヨン織物博物館があり、膨大なコレクションを誇っていることでも日本に知られています。

実は呉服との関係も深く、明治5年、京都西陣の織工がリヨンで織法を学び、その時に持ち帰った織り機が日本におけるジャガード織り機の始まりであり、その技術が現在の西陣織りの基礎となっていることが知られています。

こうした背景から、グループ会社の株式会社やまととリヨン織物博物館は、1984年7月より業務提携を行う関係にありました。当時、弊社社長がリヨン織物博物館の館長とプリント柄使用許可を求め直接交渉を行う等、その関係を密にしていきました。

そして1987年、『LYON』は日本初のプリントファッション専門店として茅ヶ崎ルミネに1号店を誕生させました。

lyon deuxの紹介

2003年、『LYON』のカジュアルラインを加えたショップとして『lyon deux』をオープンさせ、現在18店舗に至っています。

カジュアルラインのアイテムとしては、『LYON』で培ってきたプリントのノウハウをカットソーやTシャツにも広げ、オリジナル刺繍デニムも始め、お客様から支持を頂いています。

このページの先頭へ